医療従事者に必要なスキル|理学療法士のことなら専門学校にお任せあれ

理学療法士のことなら専門学校にお任せあれ

女性
このエントリーをはてなブックマークに追加

医療従事者に必要なスキル

男女

学校の選び方の工夫

高齢化に伴い医師や看護師、介護士などの需要が高まっていることを背景に医療系の資格が注目を集めています。医療系の資格は主に大学や専門学校で取得することが可能ですが、資格取得と就職に重点をおく専門学校と異なり、大学は卒業までの流れが異なります。大学では医師や看護師、作業療法士、理学療法士の資格取得のための学部が設置されていることが多いです。4年間の学びの中には教養科目が含まれており、医療系の学問だけでなく語学や文学なども学びます。また、大学院に進学することで医療系の研究者の道に進むことができ、助産師などの特殊な資格も取得できます。以上のように、大学では資格取得だけでなく様々な分野やより高度なスキルを身につけられるため、自分がどのような学びを実践したいか明確にして進学しましょう。

認定基準の高度化

医学の進歩によって治療技術が向上しているため、医療従事者にはより高度な知識と技術が求められています。そのため、医療系の資格取得は徐々に難易度を増しており、実習期間の増加や関連分野の学習の必須化、試験の複雑化が起こっています。特に資格認定基準の高度化が起こっているのが臨床心理士の資格で、民間団体によって行われる試験を国家試験にするための動きが活発です。このような医療系の学びの高度化は進学や試験の突破が難しくなり、学生にとっては厳しい状況になっているような印象を与えます。しかし、実際にはより高度な資格ほど給与などの待遇が良い傾向にあり、看護師などの給与が医師と比べて大きな差があるなどの医療系独特の問題が解決に向かっていると言えます。