理学療法士のことなら専門学校にお任せあれ

ウーマン
このエントリーをはてなブックマークに追加

リハビリに関する学校

男性

3年制と4年制の違い

理学療法士になるための専門学校には3年制と4年制があります。どちらも必要な単位を取得すれば国家試験の受験資格を得ることができるため、少しでも早く理学療法士として働きたいと思う人は3年制の方が早道だと考える人も多いでしょう。ただ、4年制を選ぶ方が将来的に有利になる点がいくつかあります。それは4年生の専門学校を卒業した人に対して「高度専門士」という称号が与えられることです。高度専門士は大学卒業と同等の位置づけとなっているため、大学院への編入も可能ですし、就職先によっては学歴によって初任給に差を付けているところもあるのです。例えば、3年制を卒業した専門士は短大卒扱いなのに対して、高度専門士は大卒と同等という具合です。

臨床実習とは

理学療法士になるための専門学校では、3年制、4年制にかかわらず必ず臨床実習が含まれています。臨床実習は実際の病院や施設などに出向いて行われ必修科目になっています。実習回数や日数などは専門学校によって異なりますが、一般的には見学実習、評価実習、臨床実習に分けられていて、実習に合格しなければ卒業はおろか進級すらできません。とは言え、実習先では実際に理学療法士として働いている人が指導者になることが多く、学校の講義だけでは学ぶことができない実践的な技術や知識を身に付けることができる機会です。また、リハビリにかかわる職種には理学療法士の他に作業療法士や言語療法士などがありますが、学校によっては複数の資格を同時に学ぶことができるところもあります。

医療従事者に必要なスキル

男女

医療系の資格取得は大学や専門学校で可能ですが、大学は資格取得だけでなく他の分野やより高度な研究が可能なため、個々の希望に合わせて進学先を決めましょう。近年では医療系の資格認定の難易度が上がっていますが、同時に待遇面が改善されつつあります。

もっと読む

リハビリの専門家になる

男の人

作業療法士は、簡単な日常動作や工作などを行うことで身体機能の回復を目指す作業療法と呼ばれるリハビリのスペシャリストです。その資格は国家資格となっており、合格者は全国の病院やリハビリセンターなどで活躍しています。

もっと読む

義歯づくりのエキスパート

室内

歯科技工士は入れ歯や差し歯、ブリッジ、インプラントなど歯科治療に必要な人工物の製作を行う専門職です。国家資格を有する者しかなることができません。資格は専門学校等における2年以上の学習期間を経て国家試験に合格することで得られます。

もっと読む